ステマとは

ステマとは一体何でしょう?

ステマとはステルスマーケティングの略であることはご存知でしょうが、明確な定義や具体的な事例は説明できますか?

一般的なイメージは、芸能人が企業から裏でお金を貰って、ブログやSNSなどで宣伝とわからないように商品をもちあげる内容のコメントをする、といったところでしょう。

 

最近起きた芸能人のステマ炎上騒動は、お笑いコンビ「ミキ」の昴生さんと亜生さんがTwitter上で、京都市から依頼を受けて同市のふるさと納税をオススメする投稿をした際に、「PR」などの表記が含まれていなかったことで、これはステマだ!と騒ぎになりました。

引用:ミキ 昴生 兄公式Twitterより

 

たまに芸能人がステマで炎上するので、なんとなくステマについて知っていると思いますが、芸能人のステマは、実はネットに溢れるステマの中では氷山の一角です。

あなたも知らず知らずのうちにステマに踊らされているかもしれません。僕は、どれだけネットに自信がある人でもステマを全て見抜くのは難しいと思っています。

信じていたサイトが実はステマだった!私は養分になっていたのか!と絶望しないようにステマについて詳しく解説します。

 

ステマとは

ステマに法律上の明確な定義があるわけではありませんが、

オンライン辞書「Weblio」によると、

ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝行為・販促活動であることを悟られないような形で行われる宣伝・販促活動のことである。

(中略)

ステルスマーケティングは、典型的には、売り手・広告主の側から依頼を受けた人物が売り手とは無関係な第三者を装って好評を伝える、という形で行われる。中立的な立場からの公正な評価であるかのような体で、あるいは一般消費者の素朴な感想という体で、評判がよいことを世間に発信するわけであるが、ステルスマーケティングは売り手側からの依頼に応じた「仕込み」としてこれが行われる。すなわち「やらせ」である。

引用:Weblio辞書|ステルスマーケティング

 

簡潔にいうと、「消費者に宣伝と気づかれないように行われる宣伝行為」といったところです。

 

実は、このステマは英語ではundercover marketing(アンダーカバーマーケティング)と呼ばれ、ヨーロッパやアメリカでは、広告表記のない宣伝行為は『消費者に対する不公正な欺瞞に当たる行為』として法律で禁止されているのです。

日本では現在のところはグレーゾーンです。

 

ステマが話題になったのは2012年のことで、「ペニオク詐欺事件」と呼ばれる騒動などがきっかけです。「ペニーオークション」というオークションサイトにおいて、入札者が落札した商品を入手できず、手数料を騙し取られていたことが発覚した事件ですが、熊田曜子や小森純などの芸能人がペニオクで格安で商品をゲットした!という記事を宣伝目的でブログに投稿していたことで問題となりました。

ペニオクの運営会社の社員は詐欺容疑で逮捕されましたが、宣伝した芸能人は特にお咎めなく、ブログ閉鎖や謝罪で済みました。

この年に「ステマ」が新語・流行語大賞にノミネートされました。

 

ステマの種類

ステマには、「なりすまし型」と「利益提供秘匿型」の2類型があると言われています。

「なりすまし型」は、業者が一般消費者を装って口コミや評価を書く場合をいいます。例えば、食べログに店主自らが「この店最高!」とか「絶対行くべき!」とか高評価の書き込みをしたり、ダイエットサプリの体験談を全て販売者自身が創作して書き込んだりすることです。

「利益提供秘匿型」は、業者が第三者に金銭を支払うなどして宣伝させているにも関わらず、その事実を表示しない場合をいいます。ペニオク事件がまさに当てはまります。芸能人が昔はよく炎上していましたが、最近では宣伝です、広告ですとわかりやすく書くようになって減りました。

 

アフィリエイトとステマ

ステマは、業者や芸能人が行うものだけではありません。

インターネット上では数多くの商品をお勧めしたり、レビューをするブログ、サイトで溢れています。ほとんどの記事は有料で読めますが、そのカラクリはアフィリエイトです。

 

アフィリエイトは簡単に説明すると、成果報酬型の広告です。アフィリエイトでお金が発生する流れは以下の通りです。

①自身のサイトやブログに特定の商品・サービスの広告を掲載

②訪問者がその広告をクリックして商品やサービスを買う

③成果報酬がブログ主に入る

 

商品を紹介するという意味ではステマもアフィリエイトも同じです。

ステマとアフィリエイトの違いだとよく言われているのが、

ステマは宣伝だと伝わらないような手法で宣伝して、ユーザーを騙す目的があるが、

アフィリエイトは宣伝活動が明確で、ユーザーを騙すことが目的ではない、という点です。

 

しかし、アフィリエイトは本当に宣伝活動が明確でしょうか?騙す目的はないでしょうか?

「品質は悪いが広告報酬が高い商品」をランキング1位に表示するサイトや、中立レビューを謳っておきながら、ばっちり最後に報酬が発生するアフィリエイトリンクを張っているサイトが、悲しい哉たくさん存在します。

 

アフィリエイトを知らない人にとって、その記事が宣伝かどうかを見分けるのは非常に難しいのが現状です。

 

宣伝であることを見分ける方法

宣伝かどうかを見分けるコツは、「アフィリエイトURL」と「免責事項」にあります。

 

「アフィリエイトURL」は、訪問者がそのURLをクリックして商品を買えばブログ主に報酬が入る仕組みのことです。

ブログ内にはいろいろなURLが貼られていますが、そのURLが何かは事前に知ることができます。

PCであればカーソルを合わせれば左下の方に、スマホであればリンクを長押しすれば詳細URLを見られます。

URLを見てアフィリエイトリンクかどうかを見分けるためには、アフィリエイトリンクの型を知っていなければなりません。

有名なものは、

ASP アフィリエイトURL
A8.net https://px.a8.net/〜
バリューコマース https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/〜
もしもアフィリエイト https://af.moshimo.com/〜
afb https://track.affiliate-b.com/〜
アクセストレード https://h.accesstrade.net/〜
Link-A https://link-a.net/〜

などですが、残念ながらURLだけでは完全には見分けられません。

Amazonや楽天もアフィリエイトURLを発行していますが、URLだけでは見分けられません。

リダイレクトを使ったり、企業から専用のURLを用意してもらうことで、アフィリエイトURLとはバレないようにしているサイトも存在します。

 

見分ける方法の2つ目が「免責事項」です。

基本的にはサイトの下の方に、「免責事項」や「プライバシーポリシー」と書いてあるはずです。

 

その中のページのどこかに、「アフィリエイトをしています」という表記があればそのサイトはアフィリエイトサイトです。

見つけにくいですが、免責事項にアフィリエイトの旨を載せずにアフィリエイトをしている悪質なサイトもあるので、載せているだけ親切なんでしょうね…

 

以上、「アフィリエイトURL」と「免責事項」の2つを見ることで、ある程度宣伝であるかどうかを見極められるようになります。